R&Dイノベーションリーダー交流フォーラム

2021年度 第16期R&Dイノベーションリーダー交流フォーラム
コロナ対応及び参加方法に関するお知らせ

日本能率協会では、コロナ感染拡大防止を念頭に、今期は、状況に応じた以下の方法による、各回の開催スタイルを検討しております。
各回の運営方法は、受講者の希望とコロナの状況を踏まえ事務局が判断し、1か月前を目途に参加予定者にご連絡いたします。

(1)集合研修スタイル(オンラインなし)
各界で活躍するリーダーの生の講義とその場での コミュニケーションが可能です。
講義のほかグループディスカッションやワークショップも安全衛生対策を整えたうえで行います。

(2)オンラインスタイル(完全オンライン)
テキストを事前配布し、オンライン講義をライブ配信します。
通信ツールによっては、質疑応答やグループワークにも参加が可能です。

(3)上記(1)(2)混合型
在宅も集合もあり。
在宅勤務の方や、遠隔地からの移動を敬遠される方が参加方法を選べるようにします。
受講者の研修の開催地やコロナの状況に応じて臨機応変に対応します。

※オンライン通信ツールはZOOMかTEAMSを想定しています。
※欠席や通信不具合の場合は、録画動画等にてフォローいたします。
※予約はキャンセル料かかりません。

予約フォームはこちら

本件に関するお問い合わせは s-learder@jma.or.jp までご連絡ください。
(第16期R&Dイノベーションリーダー交流フォーラム事務局 山本裕史)

~異業種イノベーションリーダーの情報・意見・人脈交流の場~

討議テーマ「イノベーションを起こすリーダーシップ」

イノベーションを起こしていくためには
自らが未知の領域にチャレンジし、同時に周囲の人を巻き込み、目指すべき方向へ導くリーダーシップが求められます。
本フォーラムでは、組織力を活かしたイノベーションの起こし方や、プロセスの導き方について、リーダーに求められる要件を交えながら、考察する機会を提供します。

ねらい

ねらい

1.イノベーション分野の専門家との対話によりイノベーションの本質を学ぶ
2.CTOやビジネスリーダーとの交流を通じて、リーダーシップの在り方を学ぶ
3.異業種分野のメンバー同士の交流により新たな発見や深い気づきを得る

本フォーラムでは、上記の3つの達成目標を掲げ、その実現をめざします。
そのために、研究テーマに対し、グループに分かれて、それぞれブレークダウンした目標を設定し、6か月にわたり自主的な議論を行います。また、異業種のCTOの方々などゲスト講師の講義を通じて、その実現に必要な戦略的な発想や行動原理を学びます。

参加対象者

【部門】 研究・開発部門、技術部門、新事業開発部門、経営戦略部門
【役職】 課長・マネージャー・スタッフおよびプロジェクトリーダーの方々

定員

36名(10名に満たない場合は、中止することがあります。)

プログラム

第1回 イノベーションのフレームワークを考える

■ オリエンテーション
■ 基調講義
■ ゲスト講義
■ チームディスカッション

第2回 イノベーションを起こす人・イノベーションが起きる組織

■ ゲスト講義
■ チームディスカッション
■ ワークショップ

第3回 ビジネスモデルからイノベーションと戦略を考える

■ ゲスト講義
■ ゲストワークショップ
■ チームディスカッション

第4回 顧客価値とビジネス革新

■ ゲスト講義
■ チームディスカッション

第5回 イノベーションを牽引するリーダーシップ

■ ゲスト講義
■ チームディスカッション

第6回 最終報告会(研究成果発表)

■ 個人発表
■ 共有からの学び

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ご参考:2020年度ゲスト講師一覧(敬称略、出講順、講演時役職)

・横田 幸信  i.lab マネージング・ディレクター
・宮崎 秋弘  パナソニック テクノロジー本部 事業開発室 エッジコンピューティングPFプロジェクト 総括担当 ★
・高橋 肇   亀田製菓 お米総合研究所長
・島田 啓一郎 ソニー 主席技監
・久村 春芳  日産財団 理事長
★企業訪問、施設見学実施企業

講師

監修・コースリーダー (敬称略)

林 隆一
デジタルものづくり教育研究センター長
広島大学 特任教授
芝浦工業大学 客員教授

米国デュポン社の日本法人でエンジニアリングポリマー製品の開発などを担当後、研究開発部長、営業部長、アジア太平洋地域ディベ ロップメントマネージャーなどを歴任し2009年より執行役員、2014年より常務執行役員。在任中に技術開発本部を立ち上げ本部長として日本発信型の技術開発を推進。2016年にデュポン社を退社後は (一社)日本能率協会主催「日本CTOフォーラム」ファシリテーターを務める傍ら、芝浦工業大学にて技術経営教育を担当、2021年より広島大学デジタルものづくり教育研究センター長として産学官連携によるイノベーション活動をリー ド。スタンフォー ド大学や米国デュポン 社中央研究所における米国勤務経験と多数の海外企業との協業経験を生かして国際的なR&D・イノベーション活動を推進。

参加料

料金について

 参加料(税抜)
日本能率協会法人会員1人目:385,000円/1名
2人目以降:330,000円/1名
上記会員外1人目:440,000円/1名
2人目以降:385,000円/1名

*1社3名までご参加可能です。

※参加費用には、テキスト費を含みます。
※合宿を伴う場合は、合宿費が含まれます。(ただし、現地までの交通費は含みません)
※消費税は参加料に加え、本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
※参加申込規定はJMAマネジメントスクールのWebページに掲載しておりますのでご確認、同意のうえお申込みください。

会場

会場について

日本能率協会・研修室(セミナー) ほか 視察先にて
※各回の視察先・講演者・テーマによって会場・開催時間が変わります。