電気・電子機器技術者のための製品安全技術作り込みセミナー

─ 製品企画・設計段階から高信頼性・安全性を作り込む ─

製品安全技術シリーズ①

ねらい・特長

ねらい

クレームやトラブルを未然に防止する
今日、電気・電子機器ならびに産業機械等は社会システムを構成する上で重要な要素となっています。エンドユーザが望む製品の急速な普及は、電気・電子製品の高度化・高付加価値化を促進し、それに伴う電気・電子・機械部品の技術革新は軽薄短小化、高容量・高機能化を可能とし、その普及に拍車をかけてきました。特に、製品の早期開発が求められる今日、開発・設計業務の流れの中で、製品安全設計・対策の不備による設計変更等は時間・コストのロスや製品に起因する事故を発生させてしまうことにより、製品の商品力やブランド、会社に対しての信頼性を大きく低下させる要因となります。このような状況下で、製品・部品の軽薄短小化による製品安全設計・対策は重要な技術課題となり、性能の劣化や部品・製品の信頼性ならびに安全性等の面で新たな展開を迫られています。こうした背景から、一般社団法人日本能率協会では電気・電子機器技術者として、製品安全と信頼性向上のための基本的な考え方や原理・原則を体得し、今後のクレームやトラブルを未然に防止するために何をしていくべきかを基礎知識と対応策などの事例を通じて学んでいただく場として本セミナーを開催いたします。
参加対象者

・電気・電子機器の設計・開発に従事している技術者
・技術者として製品安全対策技術を習得したい方
・品質保証・製品安全対策部門で製品安全対策技術を学びたい方や学び直したい方
・故障や製品事故で困っている方
・社内安全体制を作りたい方

定員

40名(定員になり次第、締め切らさせていただきます)

参加者の声

・注目するポイントは会社が異なっていても同じであることを痛感しました。
・設計思想を製品から見るのは純粋に面白かった。
・統計、具体例、動画により理解しやすく参考になった。現役でご活躍されている講師の言葉で情報が新しくて良い。
・実例が多く、講師の一生懸命さが伝わって来ました。内容も良く、特に部品個々の燃焼性に関しては勉強になりました。
 本質的メカニズムを十分に把握し、データベース化していくよう、努力していきたいです。
・プラスチックの安全性についてはこれまで詳しく学ぶ機会がなかったため、大変役に立った。

プログラム

1日目(10:00~17:00)/総論(信頼性・安全性の現状と対応策)

【1】製品事故の実態とその事例
  ・最近の傾向
  ・繰り返される製品事故

【2】グローバルな生産体系における信頼性・安全性問題と対応策
  ・調達・生産グローバル化の現状と課題
  ・信頼性問題の具体例
  ・問題発生の原因と対策

【3】はんだ付けにおける信頼性問題と対応策
  ・鉛フリー化に伴う問題と課題
  ・使用環境/条件の影響

【4】原理・原則から社内製品安全基準を作る
 ・社内製品安全基準を作る目的
 ・社内製品安全基準の安全性の定義、構成、知識
 ・社内製品安全基準に経験と知識を集結する

【5】電子機器における発火防止の設計思想
 ・安全規格における発火源の定義
 ・電子部品の発火現象
 ・発火の連鎖を断ち切る
 ・バランスのとれた設計思想を目指す

【6】サージ、過電圧から製品を守る
 ・サージ、過電圧による電子機器の故障
 ・世界18か国のサージ、過電圧の測定結果
 ・再現試験、対策
 ・電気自動車、プラグインハイブリッド車への考察

2日目(10:00~17:00)/各論(信頼性・安全性の解析と作り込み技法)

【7】故障解析技術と最新の解析機器
  ・解析手順の体系化
  ・最適な手順と解析機器の選定
  ・X線CT、超音波顕微鏡、LITによる非破壊解析
  ・元素分析、FE-SEM/EBSDによる結晶解析

【8】製品事故・故障の原因究明事例
  ・電子部品、はんだ付け、プリント配線板
  ・再現試験によるウィークポイントの検出

【9】電気・電子部品の発火メカニズム
 ・故障の現象
 ・フィルムコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、積層セラミックコンデンサ、タンタルコンデンサ
 ・バリスタ、電源スイッチ、ネジ締結部
 ・プリント配線板とはんだ付け

【10】電気保護回路・保護素子の使い方 (渡部)
  ・電気保護素子の体系図
  ・電流ヒューズ、温度ヒューズ、サーモスタット

【11】プラスチックの安全性 (渡部)
  ・電気現象でプラスチックの着火する事例
  ・プラスチックの安全性にかかわる課題
  ・燃焼試験、電気的特性

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください

講師

渡部 利範

㈱テクノクオリティー 代表取締役
元 キヤノン㈱ 品質本部 製品安全技術開発部 部長
経済産業省 製品安全対策優良企業審査委員会 審査委員
工学博士 技術士(電気・電子)
一般社団法人日本能率協会 専任講師

土屋 英晴

信頼性コンサルタント
㈱クオルテック 特別技術顧問
元 ㈱デンソー 電子事業部 電子製造部 電子1工場長 
車載用電子部品の信頼性試験・故障解析、車載用電子機器の
設計・製造・検査等に従事
元 アンデン㈱ 第2品質保証部 部長
日本信頼性学会 理事、研究会運営委員長
故障物性研究会 主査

参加料

料金について

 参加料(税抜)
日本能率協会法人会員75,000円/1名
上記会員外85,000円/1名

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

会場・会期

会場について

日本能率協会・研修室(セミナー)
※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。