R&Dイノベーションリーダー交流フォーラム

~異業種イノベーションリーダーの情報・意見・人脈交流の場~

年間統一テーマ「イノベーションを起こすリーダーシップ」

ねらい・特長

ねらい

1.活発な異業種交流により、新たな発見や深い気付きを得る。
2.CTOとの交流を通じて、実践的な戦略立案のプロセスを学ぶ。
3. 異業種の企業に信頼できる友を得る。

特徴

「イノベーションを起こすリーダーシップ」
製造業が新時代を切り開き、持続的成長をしていくためには継続してイノベーションを起こしていくことが求められます。しかしイノベーションを個人のアイディアや気付きに求めていただけでは限界があります。組織としてイノベーション人材を育成し、イノベーションを起こし続けることが絶対に必要です。継続してイノベーションを起こすことのできる組織能力はどのように創って行くべきでしょうか。第12期は「イノベーションを起こすリーダーシップ」をテーマに皆さんと考えて行きたいと思います。奮ってご参加ください。
参加対象者

【部門】 研究・開発部門、技術部門、新事業開発部門、経営戦略部門
【役職】 所長、事業部長、部長、課長などの管理者・スタッフおよびプロジェクトリーダーの方々

定員

35名(1社につき3名まで)
開催場所により定員数が異なる場合があります。

本フォーラムの進め方について

本フォーラムでは、上記の3つの達成目標を掲げ、その実現をめざします。
そのために、今期は「強い技術組織を創る」という統一課題に対し、6~8名のグループに分かれて、それぞれブレークダウンした
目標を設定し、6ヶ月にわたり自主的な議論を行います。また、異業種のCTOの方々などゲスト講師の講義を通じて、その実現に
必要な戦略的な発想や行動原理を学びます。こうした多角的なアプローチにより、その成果を最終報告会で発表・共有します。

過去3年の年間統一テーマ

2016年度 第11期 「強い技術組織を創る」
2015年度 第10期 「いかに競争優位に立つか」
2014年度 第 9期 「競争に勝つ技術戦略」

プログラム

第1回 2017年9月22日(金)10:00-19:30

オリエンテーション
■ 基調講義『統一テーマとフォーラムへの臨み方』コースリーダー 林 隆一
■ 講義「組織と人材」芝浦工業大学大学院 工学マネジメント研究科 准教授 加藤 恭子
■ チームディスカッション
■ 研究テーマの抽出およびテーマの決定
■ 懇親会

第2回 2017年10月27日(金)14:00-18:00

■ ゲスト講義
「未来の成長基盤を創る研究開発部門の取組み」(仮)~お客様に新しい価値を届け続けるために~
サッポロホールディングス㈱ 顧問 渡 淳二
■ チームディスカッション(ゲスト講義の振り返り、次回ゲスト講話に対する質問討議)
■ チーム研究

第3回 2017年11月24日(金)~25日(土)1泊2日合宿(広島県)

1日目 2017年11月24日(金)13:00-17:00
■ ゲスト講義および施設見学 「マツダのブランド価値経営」(仮)
  マツダ㈱ 執行役員 R&D管理・商品戦略担当、商品戦略部長 工藤 秀俊
■ 質疑応答および振返り

2日目 2017年11月25日(土)9:00-16:30
■ チーム研究(中間発表準備)
■ ゲスト講演
■ チームディスカッション(ゲスト講義の振り返り、次回ゲストに対する質問討議)
■ チーム研究 中間発表

第4回 2017年12月8日(金)14:00-18:00

■ ゲスト講義
■ チームディスカッション(ゲスト講義の振り返り、次回ゲスト講話に対する質問討議)
■ チーム研究

第5回 2018年1月27日(土)14:00-18:00

■ ゲスト講義「イノベーションを育む環境と人づくり」(仮)
スリーエムジャパン㈱ 執行役員 大久保 孝俊
■ チームディスカッション(ゲスト講義の振り返り、次回ゲスト講話に対する質問討議)
■ チーム研究

第6回 2018年1月27日(火)14:00-18:00

■ ゲスト講義
 「オリンパスの中期経営計画(16CSP)に基づいた技術開発戦略」(仮)~未来をつくる組織とリーダーの役割~
オリンパス㈱ 取締役専務執行役員 技術統括役員 兼 技術開発部門長 小川 治男
■ チームディスカッション(ゲスト講義の振り返り、次回ゲスト講話に対する質問討議)
■ チーム研究

第7回 2018年3月16日(金)13:00-18:30

■ 研究成果報告会
■ 懇親会)

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師

監修 兼 コースリーダー (敬称略)

林 隆一  
芝浦工業大学 大学院
工学マネジメント研究科 教授
(一社)日本能率協会 産業振興センター
技術アドバイザー

1987年、デュポン㈱入社。米国デュポン社中央研究所勤務、エンジニアリングポリマー製品の開発などを担当。研究開発部長、営業部長、アジア太平洋地域ディベロップメントマネージャーなどを歴任し、
2009年執行役員に就任。2011年デュポン株式会社として技術開発本部を設置、技術開発本部長として技術開発の総合力を牽引。2014年9月より常務執行役員、2016年3月にデュポン社を退社し、本年より(一社)日本能率協会主催「日本CTOフォーラム」ファシリテーターを務めるなど、企業のR&D・イノベーションの研究・指導を開始。

サブリーダー(敬称略)

加藤 恭子
芝浦工業大学大学院
工学マネジメント研究科 准教授

海外経済協力基金(現国際協力機構:JICA)に勤務した後、渡米。Michigan State University(Ph.D. in Human Resources and IndustrialRelations)、高崎商科大学商学部非常勤講師、特任講師を経て、2014年より現職。専攻分野は組織論、組織行動論、人的資源管理論、キャリア・デベロップメント等。

参加料

料金について

 参加料(税抜)
日本能率協会法人会員1人目:280,000円/1名
2人目以降:200,000円/1名
上記会員外1人目:320,000円/1名
2人目以降:240,000円/1名

*1社3名までご参加可能です。

※上記参加費用には、会合費(全7回)、懇親会(3回程度)、運営事務費(合宿1回分の宿泊費)を含みます。
※消費税は参加料に加え、本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

会場・会期

会場について

日本能率協会・研修室(セミナー) ほか 視察先にて
※各回の視察先・講演者・テーマによって会場・開催時間が変わります。