ベタ訳からコンパクトな翻訳へ|エンジニアのための伝わる技術英語:第1回

日本人は英語へのコンプレックスを抱きがちですが、工場の移転先として増えているアジア地域などは、相手も英語が堪能とは限りません。いま、実務で必要とされるのは、ネイティブかノンネイティブかに関わらず誰もが理解できる分かりやすい英語です。そこで技術英語では、正確に(Correct)、明確に(Clear)、簡潔に(Concise)伝えるために、「3C」のテクニックを使います。

 例えば、「最近発売された新モデルには、合計5つの新機能が追加されている」と伝えたいとき、あなたならどのように英訳するでしょうか。

A total of five new functions have been added to the new model released lately.

 上記の英文は、原文の日本語を忠実に訳しており、情報としてヌケやモレはありません。では、次の英文を見てください。

The new model has five new functions.

 先の文章がA / total / of……と15語で書かれているのに対し、下の文章は半分以下の7語と、読むための労力が半分になりました。The new modelが主語になったことで何の話をしているのかが文頭ですぐに分かり、「追加されている/have been added」がhas(have)の1語で表されています。さらに、「合計5つ/A total of five」も要はfiveであり、new model であれば「最近発売された/released lately」といちいち言わなくても十分なので削られています。これが技術英語の3Cのうち、簡潔に(Concise)伝えるテクニックです。

 この3Cはなにも技術英語に限ったことではなく、日本語でも求められることです。新入社員のころに、「正しい敬語を身につけろ」「プレゼンでは要点を明確に」「報告書は簡潔に書け」などと指導を受けた方も多いでしょう。しかし、正確・明確・簡潔に書いたはずの日本語のビジネス文書でも、そのまま英訳しただけでは海外で通用することはまれです。ここに、技術英語で3Cが重要な理由があります。

背景に言語体系や文化の違い

 なぜ、そのままではダメなのでしょうか。理由の1つは、日本語と英語の言語体系の違いです。英語では主語や時制、名詞の数、冠詞の役割が、日本語に比べて大きいです。それに加え、文化的な背景による違いが、海外でのコミュニケーションにおいて3Cの重要性を高めます。

 日本では、仕事上のコミュニケーションの責任を受け手に負わせる傾向があります。文書の内容が理解できなければ「分からない方が悪い」と言われ、「マニュアルに頼って仕事をするようではダメ」「指示される前に動いて」「言われたことしかできないのか!」などと、先輩や上司に注意されたりもします。

 これに対し欧米、とくに米国では、「分からない文書を書いた方が悪い」「言われたこと以外のことをやると、間違えた時に自分の責任を問われるからやらない」と考えることが多いようです。この思考の違いが、日本語と英語の技術文書の決定的な違いを生むことがあります。

 例えば、生産現場への指示でマニュアルを作成するとき、あなたはどのように英訳するでしょうか。

 「本章ではWebカメラの設置と初期設定に関わる手順の概要が示されています」

In this chapter, the outline of the procedures that are involved in the installation and initialization of the web camera is shown.

 上記の英文に文法的な間違いはなく、学校の授業ではこのように教えるかもしれません。正確ですが、和文の一語一語をたどった「直訳」、いわゆるベタ訳です。

 しかし、マニュアルの使命は必要な情報を的確に伝え、読み手が正しく行動できるようにすることです。長い文章で読み飛ばされる、どこに何が書いてあるかわからない、文意を読み違えて手順を誤る、ということがあってはマニュアルの意味がありません。

 元の和文が意図していることを読み解いて、技術英語の3Cから「簡潔に(Concise)」に沿って書き直せば、

This chapter outlines how to install and initialize the web camera.

 と、コンパクトな文章ですっきり表現できるでしょう。英語が得意な人でなくてもすんなり読め、意味の取り違えが起きない英文になりました。情緒的な文章ではありませんが、技術者には、技術者のための英語力があるのです。

 海外で通用する技術文書を作成するには、日本語の曖昧さや冗長さを取り除き、正確な英語で訳します。読んだ人によって作業手順の理解が異なったり、研究成果が正しく伝わらないような英訳では実務の役に立ちません。

 今後、海外とのやりとりが増えることはあっても、減ることはないでしょう。あなたの技術とあなた自身がきちんと評価されるために、英語はますます重要なコミュニケーションツールになるはずです。学生時代にテストで丸をもらうために身につけた英語から発想を切り替えて、正確(Correct)・明確(Clear)・簡潔(Concise)に書くための「技術英語(テクニカルライティング)」のスキルをぜひ身につけてください。

関連記事

  1. 正確・明確・簡潔に、読み手にやさしい技術英語テク|エンジニアのための伝…

  2. 「伝わる英語」は日本語の吟味から|エンジニアのための伝わる技術英語:第…

  3. そのカタカナ英語では通じません|エンジニアのための伝わる技術英語:第3…

  4. 意外と知らない数字・単位・記号の決まりごと|エンジニアのための伝わる技…

  5. right/leftの指示が右・左を迷わせる?|エンジニアのための伝わ…

  6. 「できる」に違い、canはポテンシャルでwillは意思|エンジニアのた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA