物事の動かし方 | ㈱コンサルティング・フェア・ブレイン代表取締役社長 関根利和氏インタビュー その4

マネジメントとは物事と人の動かし方

 

森宮
客観視というか、立場を変えて考えさせることは、ものすごく大事だと思います。

現代を生きるビジネスパーソンは多かれ少なかれ「新しいものを生み出せ」と催促され続けています。一方で新しい技術が世界中で毎日のように生まれ、その情報なり知識を蓄えておかないと時代に取り残される危機感に煽られています。

組織の中で人や物事をどう動かすか考えなければいけない一方、自分自身のブラッシュアップも絶えず求められています。

そんな人たちへのアドバイスをお願いします。

関根
おすすめするのはある程度、時間を取ることです。
新しいものを得るために最も効率が良いのは、それを知っている人たちに近づき、肌で教えてもらうことです。だから、セミナーへ行けばいいのですが、本当にそれを分かっていません。

本当にできる人から肌で教えてもらったことは、紙の上で学んだことと随分違います。

それを実体験すればかなり変われると思います。それなのに、みんなはセミナーという場の良さを理解していないかもしれません。

セミナーをする側も本当に大切な点をセールスポイントにしていないように感じます。

もっと自信を持って売り込めばいいと私は思いますね。

新しいことというけれど、その人やその業界にとって新しいことと、今新しいことは違います。新しさとは結局、いろいろなものがあるわけです。さまざまな新しいことがあるのに、それらをすべてひっくるめて新しいという言葉で表現しています。

シリコンバレーのような新しさもありますが、もっと手前にも翻訳して輸入すべきことがいっぱいあるはずです。そういうことを学ぶのを会社の風土にしていくべきでしょう。

暇があったらセミナーへ行くのではなく、ちょっと新しいことに触発されるためにセミナーへ行くようにするのです。1日でも2日でもそういう時間を取るだけで、いろんなことが頭に入ってきます。たとえ、覚えられなくてももっと勉強しようとするきっかけになるでしょう。そのくらいの時間を都合つけられたらいいのにと思います。

「日々の仕事があって大変」という人もいるでしょうが、私からすると「それも仕事だろう」といいたいのです。そういう人は結局、覚悟ができていないことになります。

森宮
その時間と機会を自分で作れといいたいのですね。

関根
それを上司が見せないといけません。上司が勉強せずに部下がするわけがないでしょう。後ろ姿を見せる必要があるのです。

「勉強しろ」といわなくてもいいから、上司が新しいことに興味を示し、「君たちも好きなセミナーへ行ってみたら」といえば、「私はこれに行きたい」という部下が出てくると思いますよ。

森宮
今のお話を聞いてそういうラインナップを日本能率協会で提供できればいいと思いました。

関根
セミナーをやっている会社は、今までに気づかなかったことを気づかせ、こちらの方向で学べばいいということを示唆する役割があっても良いと思います。

日々の仕事が忙しい中、キャッチアップをしなければならず大変で、すべてを自分でできないとします。そんなときはどれくらい頑張っているかを自分に問えばいいのです。

そこには十分に頑張っていない自分もいるはずです。

頑張っていないのにグダグダと文句をいっているのは、「私はできていません」といっているのと同じだと思います。

その言葉が意味するのは、新しいことがなければ日々の仕事をちゃんとでき、日々の仕事がなければ新しいことを学べるということです。その答えが分かりますか。

「私はできる」と思っていて弁解しているのです。これが弁解体質です。こんなことをいっていたのでは何の意味も持ちません。
私はいつもセミナーでこのことを説明しています。「自信がない」という言葉が意味するのは、自分に可能性がないと思う自己限定です。

だから、「自分はやればもう少しできる」といいます。でも、これは頑張ったことがない人のセリフなのです。

何も頑張っていないから「やればできる」という言葉が口をつくのです。
そういう人たちには「どれくらい今の仕事をちゃんとやり、新しいことを頑張ったのですか」と返せばいいでしょう。

頑張っている人はやっているわけですから、グダグダいう前に次の手を打つようにマインドセットしなければいけないのです。

そうなるためには、勇気づける人間が近くにいる必要があります。
何かをやってくれるのではなく、「くじけるな」といってくれる人間が良い同僚、上司、先輩です。「最後まで頑張ろう」と励まし合うスポーツと同じなのです。

結果として勝負に負けても、どれだけくじけずに頑張れたかが、自分の自信につながります。こういうことは私も自分の経験で気がつきました。

その瞬間にできなかったとしても、ちゃんと前向きにやれていたかどうかを自分に問うべきです。気持ちを変えると状況がどんどん変化し、物事が動きだします。

そのときに少しだけ物事を動かすためのテクニックやスキルが必要ですから、それをセミナーで教えています。

森宮
最後に物事の動かし方の結論をお願いします。

関根
マネジメントは正確にいえば、ものと人です。要するに物事と人の動かし方なのです。

知らないで暴れないようにそのことを知っておいた方が絶対にいいでしょう。それと勇気づけをすることです。自立できるように勇気づけするわけです。

会社の事情や世の中の制約、個人的に恵まれないこともいっぱいあるでしょうが、そういうことを嘆く自分がどんなにかっこ悪いか考えてほしいですね。

逆に見ると、そういう制約条件を乗り越えていく自分はかっこいいと思いませんか。誰も見ていないようでも1人だけ見ている人がいるのです。分かりますか、それは自分です。

「その自分に恥じないような仕事をしないとかっこ悪いよ」と私はいいたいですね。

森宮
でも、そこを放棄されてしまうと、どうにもなりませんよね。

関根
仕事の仕方とはそういうものなのです。

何を教えているのだろうと思いながら、スキルやテクニックを解説していますが、本当はそういうことを教えているつもりなのです。

森宮
部門とか対象とかの垣根を超えたすごい話をいただきました。

きょうは本当にありがとうございました。

関根
ありがとうございました。

関連記事

  1. 一瞬で景色は変わる | ㈱コンサルティング・フェア・ブレイン代表取締役…

  2. 良いものを作るためには、集団の力を信じることが大切 | ㈱コンサルティ…

  3. 中堅リーダーに求められるマネジメント | ㈱コンサルティング・フェア・…